No.221 トレーニング方法

2019年7月18日 | 5 森田 慎司

みなさん、こんにちは。No.5 森田慎司です。

今回は、大同特殊鋼バドミントン部のトレーニング方法を紹介します。
私はシングルスプレーヤーなので、シングルスのトレーニング方法です。

【2対1アタック&レシーブ】
コートに2人対1人で入り、2人側は前後になりアタックします。(オフェンス)
1人側は2人側からアタックされるのに対して決められないようにコートを守ります。(ディフェンス)
☆意識するポイント
  • ・オフェンスは、ただひたすら決めにかかるのではなく、ディフェンスを地道に崩して、チャンス球や体勢が崩れた時に決めにかかる。
  • ・ディフェンスは、ただ来る球を返すだけでなく、オフェンスが攻めにくい返球をする。また、できるだけ体勢を崩さない。

今回はトレーニング方法とポイントを紹介しました。トレーニング方法により意識する内容は人それぞれ違いますが、考えながら目的を持って練習することによって質が上がり、競技力向上に繋がると思います。

8月の全日本社会人でそれぞれが目標を達成できるよう頑張ります。