No.227 トレーニング方法 その4

2019年10月17日 | 10 北林 峻

こんにちは!No.10キャプテンの北林峻です。
最近は肌寒くなってきましたね。みなさん、風邪などひかないよう気をつけてください。

さて、今回は【トレーニング方法 その4】ということで、前回に引き続き私たちのトレーニング方法を紹介します。

今回は、バトミントン界でも再び注目されている基本の『壁打ち』です。
バドミントンのトレーニングで大切なことは“いかにミスをせずにラリーができるか”です。
壁は絶対にミスをしないので、こちらがミスしない限り無限にラリーが続きます。
このトレーニングで重要な代表的ポイントは次の2つです。
・しっかり打って次の準備すること
・腰を低くして体を起こさないこと

この2つをしっかり意識して、1分間を5セット行ってみてください。地味なトレーニングに見えますが、意外とハードです!笑
相手がいなくても、ラケットとシャトル、壁さえあれば一人でもできるというのもこのトレーニングの良い点ですね。

どのトレーニングも同じですが、ポイントを理解し、意識して取り組まないと効果も半減します。壁打ちは、壁を相手選手だと思いながらやると中身のあるトレーニングになると思います。(ただし壁打ち禁止の体育館もありますのでご注意を!)

さあ、S/JリーグⅡの開幕まで一ヶ月を切りました!選手全員が“優勝”という同じ目標に向かってトレーニングに取り組んでいます。みなさん、応援よろしくお願いします!