2019年10月17日 | OB

こんにちは!No.10キャプテンの北林峻です。
最近は肌寒くなってきましたね。みなさん、風邪などひかないよう気をつけてください。

さて、今回は【トレーニング方法 その4】ということで、前回に引き続き私たちのトレーニング方法を紹介します。

今回は、バトミントン界でも再び注目されている基本の『壁打ち』です。
バドミントンのトレーニングで大切なことは“いかにミスをせずにラリーができるか”です。
壁は絶対にミスをしないので、こちらがミスしない限り無限にラリーが続きます。
このトレーニングで重要な代表的ポイントは次の2つです。
・しっかり打って次の準備すること
・腰を低くして体を起こさないこと

この2つをしっかり意識して、1分間を5セット行ってみてください。地味なトレーニングに見えますが、意外とハードです!笑
相手がいなくても、ラケットとシャトル、壁さえあれば一人でもできるというのもこのトレーニングの良い点ですね。

どのトレーニングも同じですが、ポイントを理解し、意識して取り組まないと効果も半減します。壁打ちは、壁を相手選手だと思いながらやると中身のあるトレーニングになると思います。(ただし壁打ち禁止の体育館もありますのでご注意を!)

さあ、S/JリーグⅡの開幕まで一ヶ月を切りました!選手全員が“優勝”という同じ目標に向かってトレーニングに取り組んでいます。みなさん、応援よろしくお願いします!

2019年10月3日 | 0 本田 尚人

こんにちは!No.0 本田 尚人です。
最近、朝夕は涼しくなってきましたね。季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、体調管理にはくれぐれも注意してください。

さて、今回は【トレーニング方法 その3】ということで、私たちが日ごろ行っているトレーニング方法を紹介します。
バドミントンにはラリーがつきものであり、そのラリーが続く限り動き続けなければいけません。そのため、体力は非常に重要なのですが、短期間ですぐに身につくものではないので日々の継続的なトレーニングが必要となります。
体力といっても、バドミントンは特に瞬発力が求められるスポーツですので、フルマラソンを走るような体力は必要ありません。“瞬発力”とそれを“持続”させる体力が必要です。これらを同時に鍛えるために私たちは『インターバルトレーニング』を多く取り入れています。
ネットを張っていないバドミントンコートで、下のイメージ図で示してあるコースを1分10秒以内に5週走りきるというものです。

イメージ図

このトレーニング方法は、体力だけでなくターンによって下半身の強化にもなるので、バドミントンに必要なフットワーク力の向上効果も期待できます。
私たちは3セットから5セット行いますが、いつもヘロヘロになります。ブログを見てくださっているみなさん、ぜひ一度お試しください!ヘロヘロになりますよ。笑

さて、チームは11月に鹿児島県指宿市で開催されるS/JリーグⅡに向けてトレーニングに励んでいます。S/Jリーグ昇格を目指して頑張りますので、みなさん応援よろしくお願いします。

2019年9月19日 | 3 近藤 拓未

こんにちは。No.3近藤拓未です。
今回は、9月7日から8日にかけて開催された東海総合バドミントン選手権大会のレポートを書きます。

この大会は東海地区の上位者のみが参加できる大会で、今年は岐阜県各務原市で開催されました。この大会に優勝すれば年末に開かれる全日本総合選手権大会の出場権が得られます。

我がチームからは、シングルスに森田選手と大関選手が、ダブルスには本田選手・大関選手ペアが出場しました。
残暑厳しい中、なんと森田選手がシングルスで優勝し、令和最初の東海地区チャンピオンになりました。

表彰を受ける森田選手
全日本総合選手権もがんばって

近年、東海地区は非常にレベルが高く、東海激戦区ともいわれる中で、チームメイトが優勝したことをとても嬉しく思い、また自分も頑張らなければと士気が高まりました。

11月には、いよいよS/JリーグIIが鹿児島県指宿市で開催されます。
S/JリーグIIに向けて、チーム一丸となって練習していきますので、みなさん応援よろしくお願いします。