成富 勇太の記事が10件見つかりました

2020年12月18日 | 4 成富 勇太

こんにちは、No.4成富です。

先日、我が母校である自由ヶ丘高校(福岡県)に行きました。目的は、後輩たちが間近に迫った九州大会で結果を残すために、少しでも力になれるよう指導するためです。私のほかにチームメイトの大関選手も一緒に来てくれて、協力してくれました。

後輩の指導をするとともに、後輩の成長だけでなく自分自身の「伝える力」「考える力」の成長にも繋がった気がします。そして何より、自分の言ったことを、後輩たちが真剣に聞いて実践してみたり、わからないことを聞いてきたりする姿が純粋で、輝いていました。その姿を見て、私も一生懸命できて輝けるものをこれから探していこうと思いました。後輩たちには、ぜひ九州大会で勝ち進んで目標を達成してほしいです。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大で各試合が中止となりました。各スポーツも今までとは違い、いろんな見直しが必要となり、企業スポーツの意味も深く考えさせられる1年となりましたが、スポーツということがどれだけ大切かがわかった1年でもありました。来年こそは、みなさんの前で良い結果が出せるよう頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

2020年12月3日 | 4 成富 勇太

No.4成富です。

前回から時間が経ちましたが、今回もバドミントン以外の話です。
11月21日からプロ野球日本一を決める日本シリーズが、福岡ソフトバンクホークス(以下、ホークス)対読売ジャイアンツ(以下、巨人)によって行われました。2年連続同一カードとなったこの2チームの戦いは、私が応援するホークスがパリーグ初となる4年連続日本一をめざし、巨人が昨年4連敗した借りを返すために王者に挑む日本シリーズとなりました。

試合前は、昨年のリベンジに燃える巨人の思いが怖いなと思っていましたが、実際試合が始まると昨年に引き続き4勝0敗!圧倒的な強さでホークスが日本一に輝きました。ファンクラブに入り、毎試合を真剣に応援してきたので自分のことのようにうれしかったです。ホークス万歳!

今回は、巨人ファンである近藤選手と日本シリーズが見られたことで、野球の楽しさも倍増しました。来年も近藤選手と一緒に見られることを楽しみに、またホークスを応援していきます。

ホークスの強さを目の当たりにし、自分もホークスのように重要なところで結果が出せるような人になりたいと思いました。

2020年2月20日 | 4 成富 勇太

No.4成富です。

今回は(今回も?笑)趣味について書きます。
「No.199 読書のおすすめ」でも書きましたが、私は読書が大好きです。よく超一流アスリートが出版する本を読みますが、その人の考え方やトレーニング法などを参考にして、バドミントン以外のスポーツから新たな発見があります。
特に、先日お亡くなりになられた野村克也さんの本をよく読んでいました。私が野球好きになったのも、テレビでよく見たこの方の影響があったと思います。

野村克也さんと言えばID野球で有名ですが、実は徹底的に人間学、社会学を教育したとも記されており、人格形成をすることでさらに才能を引き出すといった指導をおこなっていたようです。私たち実業団選手は企業に勤める社員なので、野村克也さんの指導方法はとても参考になりました。常に初心を忘れず、感謝を忘れずにやっていきたいと思います。みなさんも一度読んでみてはいかがでしょうか?

2月もあっという間に過ぎ去ろうとしています。来季に向け良いスタートが切れるよう頑張っていますので、これからも応援よろしくお願いします。